よくあるご質問

Q&A

よくあるご質問をまとめました

見積もりしてもらうのも、費用は必要でしょうか?
いいえ、お見積もりは無料です。複雑なデザイン等も併せたご提案が必要な場合、少し費用をいただく場合があります。
どのくらいの大きさの看板をつけたらいいの?
特にご希望がない場合、こちらからサイズ・仕様のご提案をいたします。業種・目的・設置場所を考慮しベストな看板をご提案します。
お店の場所や営業内容がわかりにくいと言われる。何か提案してもらえる?
お任せ下さい。店舗看板やメニューパネルなどはもちろん、誘導看板など状況にあわせたご提案でニーズにお応えします。また、お店の雰囲気づくりに、のぼりやのれん、幕なども製作します。
レンタルボード(リースボード)って何ですか?
レンタルボードは、業者から広告看板を借りるシステムです。看板面の媒体料(広告料)を月額または年額でお支払いいただきます。媒体料の中に、製作費や復旧費を含む場合と含まない場合があります。
野立て看板を建てたいけど、場所はどうしたらいいですか?
弊社のスタッフが現地調査を行い、視認性のよい土地・場所を選定、お客様の代わりに地主様との交渉を行います。
光る看板にしたいんですが・・
一言に光る看板といっても、内照式・外照(スポット)式に大きく分けられ、光源も蛍光灯・LED・ハロゲン・ネオン・・と多様です。お気軽にご相談下さい。
今の看板を利用して新しくしたいんですが・・
外からの見た目では、内部の状態が分かりにくい場合があります。木材や鉄で作られた看板は内部の腐食が思った以上に進行していることがあります。専門の弊社スタッフの下見をお勧めします。
蛍光色にして目立たせたい
残念ですが、屋外広告物に蛍光色のシートは使用できません。(広告物条例により)
ただし、イベントなど建物内の表示物には使用できる場合もあります。また、蛍光色を使わなくても目立たせる方法はあります。弊社スタッフにご相談ください。
この塀やフェンスに取付けてほしいんですが
塀やフェンスは一見頑丈そうに見えますが、看板を固定して強風に耐える構造をしていないため、強度が不足している場合があります。大きさによっては支柱を埋設し、コンクリートで固めた独立基礎型をお勧めします。
看板はどこでも建てられますか?
屋外広告物条例により、禁止地域が定められてます。禁止地域への看板設置は、大きさなど規制がありますので監督行政機関(高知市は市都市計画課、高知市外は各土木事務所)と事前相談・確認をしながら行っています。
看板設置に許可は必要ですか?
基本的に全ての屋外広告物(看板)は、監督官庁に広告物申請を行い許可を受ける必要があります。
無許可の看板や申請していない看板は違法物件になりますのでご注意ください。
自家用広告物など大きさにより許可不要の場合もあります。

弊社は、高知県屋外広告美術組合に加盟しており、条例に基づいた看板設置を行っております。
また、屋外広告物(看板)を設置するには、屋外広告業登録が必要です。専門の業者に依頼しましょう。